巣鴨子供置き去り事件の概要

巣鴨子供置き去り事件は子供を育てることができない母親の姿が大きく取り沙汰された事件です。まだネグレクトといった言葉が普及していない時期であり、マスコミは連日大きく報道しました。ネグレクトのハシリともいえる事件の概要とは如何なものでしょうか。

母子家庭の母親がネグレクトし子供と別居

巣鴨子供置き去り事件の端緒は母親のネグレクトです。事件のカギを握る母親は高校卒業後、歌手を目指しますが大成しませんでした。その後服飾専門学校にかよっていた経験を活かすためにデパートで派遣社員として務めます。 ほどなく1人の男性と知り合い妊娠・出産しました。しかし男性が浮気をしていた女性とともに家を出て行ったことで、大きく人生が狂い始めます。 実はこの男性は婚姻届も出産届も提出しておらず、母親は途方に暮れることになりました。その後様々な男性と恋におち、1987年の秋頃母親はネグレクトし子供と別居します。

最初は5人の子供がいたが出生届は出ていなかった

母親は1973年に長男を出産した後、1979年に事実婚であった夫に蒸発されてしまいました。1982年に第ニ子が誕生した後、1986年までに3人の子供を自宅で出産しています。 しかも父親は3人と推察され、出生届は誰一人として提出されていません。つまり5人とも幽霊児として生活していたことになります。 まさに狂気の沙汰ですが事実婚の夫の裏切りに精神状態に異変を来たしていたとしても不思議ではありません。さらに母親は1987年の秋になると新たな恋人をつくり家を出てしまいます。