青山光司とは

青山光司といえば芸能人との結婚や離婚でマスコミを賑わしていました。ホスト風の風貌から根っからの遊び人だとイメージする人が多いのが実態です。しかし彼の生い立ちや本業を知る人はあまりいません。そこで謎の多い青山光司の実態について迫ってみましょう。

KRHの社長

青山光司の本業は経営者です。岐阜に本社を置くKRH株式会社は非上場ながら年収150億円を誇っています。業務内容は工事現場で使用する「足場」の製造・販売などです。 彼の遊び人っぽい風貌からは想像ができない業種ですが、本人が創業したわけではありません。父・馥からのれん分けの形で貰った会社を引き継いだのが実態です。 きっかけはどうあれ、存続させるだけでも難しい会社経営を全うしているのは素晴らしい功績だといえるでしょう。

生い立ち

青山光司は経営者の子息として生まれました。両親は創業したばかりの会社を大きくするため、彼を祖母に預けていました。幼少時代は精神的に寂しい想いをしたといえるでしょう。 ただし、実家は会社を経営していましたからお金に困ることはありません。小学校の時には日本を代表する名車「カローラ」を買い与えられていました。 他の子供とはスケール感がまるっきり違います。彼は小学生でありながら既にカローラを乗り回していました。後に「フェラーリ王子」と呼ばれますが、このときに礎を築いていたといえるでしょう。