ダンピングの意味は「不適切な価格で販売することで市場を混乱させること」

ダンピング販売

ダンピング販売(画像:Unsplash

「ダンピング」とは「不適切な価格で販売することで市場を混乱させること」で、国内外問わず様々な国や業界で起きたことがあります。これは競合相手を苦しめる戦略的な安売りで、「不当廉売」ともいわれます。 しかし、ダンピングについて過去の具体的な事例や、ダンピングにまつわる熟語を正確に理解している方は少ないかもしれません。この記事を通して「ダンピング」という言葉の理解を深めていきましょう。

ダンピングの実例

ダンピングの実例

ダンピングの実例(画像:Unsplash

この見出しでは、これまでに起きたダンピングの実例をご紹介します。 ここで紹介するものは、「日本とオーストラリア」「欧州と中国」「アメリカと中国」という3つの地域間で発生したダンピングの実例です。それぞれの事例で発生したダンピングには、対応策として関税が賦課されている点にも注目して下さい。

日本のオーストラリアに対するダンピング

日本では「熱間圧延鋼板 」という高温で圧延した鋼を板状に加工した材料が盛んに輸出されていますが、不当に安い価格で輸出していたことから、オーストラリアからアンチダンピング関税の措置を受けていました。 アンチダンピング関税とはダンピングに対して特別に付加する関税のことですが、2017年のオーストラリア政府による調査の結果、今後の継続的なダンピングの影響は低いとされてこの関税も撤廃されました。

欧州委員会が中国などにダンピング関税を課した

2019年2月には、欧州委員会が中国から輸入されている自動車用鋼製ホイールのダンピング調査を開始していることが明らかになっています。 これは中国からの廉価なホイール製品の輸入がEUで加速し、EU圏内の既存の製造業者が被害を受けていることから始まった調査です。この調査結果によっては5年間の反ダンピング関税が欧州地域から中国に向けて適用される可能性があります。