インバウンドの意味は「海外からの旅行者」

(画像:flickr

観光業界で用いられるインバウンド(Inbound)とは「海外からの旅行者」を意味する言葉です。 インバウンドの増加は、需要増大を示します。今後オリンピックなどに向けて海外からの旅行者の大幅な増加が見込まれており、ここ数年大きな注目を集めているキーワードです。

インバウンドの類語と対義語

注目を集める「インバウンド」というワードには、もちろん類語と対義語が存在します。人の流れを示す「インバウンド」と並立する概念を学ぶことで、大きなビジネスチャンスとされるインバウンドに関する洞察を深める事ができます。 ここでは、インバウンドの類語と対義語を順に解説します。

インバウンドの類語は「訪日外国人観光客」

「インバウンド」の類語として多く用いられるのは、「訪日外国人観光客」です。「訪日外国人」と省略される場合や、「訪日外国人旅行者」と表される場合もあります。 また、「訪日外国人観光客」は、観光客を表していますが、「訪日旅行」、「訪日外国人旅行」など、旅行そのものを指す類語も存在します。 インバウンドは、日本を訪れる外国人を示す場合もあれば、日本を訪れる行為そのものを表す場合もあります。

インバウンドの対義語は「アウトバウンド」

「海外からの旅行」を指す「インバウンド」ですが、その対義語は「アウトバウンド (Outbound)」です。 基本的には外国へ出かける行為を指しています。日本におけるアウトバウンドは、海外旅行に行く日本人、または海外旅行そのものを表します。 現在日本におけるアウトバウンドはわずかながらも拡大しており、若者や家族旅行に牽引されて今後も伸びて行くと予想されています。