Coinhiveの問題点と裁判の争点

本件裁判の争点は利用者が自身のPCのCPUが仮想通貨のマイニングに利用されていることを認識し、場合によっては利用を止めさせることができたかという点でした。もし、閲覧者の意図していない状態で使われていたとすれば Coinhiveはウィルスにあたり、不正指令電磁的記録の罪に抵触することになります。

ユーザーの意思とは関係なくマイニングが行われる

Coinhiveはサイト内に表示される広告を非表示にする代わりに、仮想通貨Moneroをマイニングするプログラム言語のひとつですが、サイトの閲覧者の意思とは関係なくマイニングが行われます。 被告の男性の主張は、Coinhiveはユーザーにとっても広告を非表示にできるというメリットがあり、男性自身も収益を意図としてプログラミングしたものではないと述べています。 この主張には賛否あり、サイト運営者の新しいマネタイズとして革新的なプログラムと評価するものや、他人のCPUを無断で利用することは許されないと非難する声も上がっています。

不正指令電磁的記録保管罪に抵触する可能性

控訴審の判決では男性が閲覧者のCPUを無断で利用したことは、不正指令電磁的記録の罪(ウィルス罪)に抵触する可能性があるとして有罪の判決が下りました。 Coinhiveはインターネット上で無料で提供されており、容易にプログラミングすることができます。 男性は専門誌らからの情報でCoinhiveを知り試験的に自身のウェブサイトに利用したものであり、閲覧者のブラウジングも快適になりCPUも不自然な動きをしなため刑法に抵触しないと主張しました。

通常のインターネット広告の違法性はないのか?

インターネット上ではサイトの閲覧者の閲覧履歴に応じて広告が表示されため、度々この仕組みに対しての違法性が議論されてきました。 本件においても被告の男性は、Coinhiveは通常のインターネット広告のマネタイズと代わりないと主張してきました。 しかし、裁判所の判断は通常の広告は閲覧者が自身の履歴によって表示されたことが分かり、その点で閲覧者がマイニングに気づかないCoinhiveとは大きく違いうと断じました。