保坂祐二とはどのような人物か

保坂祐二とは

  • 日経韓国人の政治学者
  • 「竹島問題」と「慰安婦問題」に独自の見解
  • 文在寅韓国大統領の側近

保坂祐二氏は日韓問題を研究している日経韓国人の政治学者であり2003年には韓国籍を取得し、現在は韓国の世宗大学校教授であるとともに文在寅韓国大統領の側近として活躍しています。 とりわけ、「竹島問題」と「慰安婦問題」については韓国側に傾注した見解を持っていますが、元日本人であることも手伝って韓国では絶大な人気を誇っています。

保坂祐二の経歴

保坂祐二氏は1956年に東京で生まれ東京大学工学部に進学します。在学中に「明成皇后殺人事件」に興味を持ち大学卒業後には韓国に渡り、政治学において政治博士号を取得しました。 その後、韓国大統領となる在文寅の絶大な信頼を得ることになりますが、保坂氏がどういった経緯で日韓問題に関する第一人者になっていったのでしょうか。その経緯について解説します。

東京大学から高麗大学校に編入

東京大学部工学部在籍時に「明成皇后殺人事件」に興味を抱いた保坂祐二氏は、なぜ日本が韓国を手中に収めようとしたのかを学ぶべく高麗大学校に編入学しました。 高麗大学校は民間の韓国人によって1946年に設立された私立大学です。「民族高大」を掲げ、財界だけでなくスポーツ界にも多くの人材を輩出しています。 保坂氏は高麗大学校では政治外交学科3学年に編入します。1年後には政治外交学科大学院に進学し、その後「日本帝国主義の民族同化政策」の研究が認められ政治博士号を取得するのです。

世宗大学校の教授となった

保坂祐二氏は高麗大学校政治外交学科大学院で政治博士号を取得すると、1998年には韓国にある世宗大学校に招かれて教員になりました。 世宗大学は1940年に設立され、大学校に昇格したのは1987年です。日韓問題に独自の見解をもつ保坂氏を教員として招き入れることで、大学校の知名度を上げることも目的の一つだったと考えられます。 ここで保坂氏は主に竹島の領土について研究を重ねることとなり、後に世宗大学校に設立される独島総合研究所の所長に就任することになるのです。