1分でわかる本庄保険金殺人事件

本庄保険金殺人事件

  • ホステスに偽装結婚させた相手に保険金をかけたうえで殺害
  • 数億円の保険金を手中にするも三人目の対象者に気づかれ逮捕
  • 裁判で死刑が確定したが未だ冤罪を主張

「本庄(ほんじょう)保険金殺人事件」とは埼玉県本庄市で起こった保険金殺人事件です。ホステスを使った偽装結婚などの手口やマスコミを巻き込んだ話題作りが注目されました。 事件はホステスたちの自供によって全て明るみになりましたが、死刑囚となった犯人は未だ自分の冤罪を主張し続けています。

本庄保険金殺人事件の概要

(画像:Unsplash

「本庄保険金殺人事件」は自分の愛人だったホステスたちに狙った相手と偽装結婚させ、高額の保険金をかけたうえで相手を殺害するという手口の殺人事件です。 犯人はどのようにして犯行を実行したのでしょうか。また犯行が発覚した理由は何だったのでしょうか。経緯を詳しく見ていきましょう。

犯人の八木茂はスナックを経営していた

「本庄保険金殺人事件」の主犯は八木茂(やぎしげる)です。八木は1950年生まれで、子供の頃はいじめられっ子だったようです。 八木はトラックの運転手をして一定の資金を貯め、1980年代後半にこの資金をもとに埼玉県本庄市でカラオケができるスナックの経営を始めました。 当時はカラオケができるスナックは珍しく、八木のスナックは人気があり夜7時の開店時には行列ができるほどでした。

八木茂は自身のスナックのホステスと常連客を偽装結婚をさせていた

八木はスナックのホステスをほぼ全員愛人にしていました。八木はその関係を利用してホステスたちを操って常連客と偽装結婚させ、そのターゲットに高額の保険をかけたうえで殺害するという計画を立て、これを実行したのです。 最初のターゲットなったのはホステスの武まゆみにぞっこんだった当時45歳の元工員でした。 八木はフィリピン人のホステスに長期ビザをとらせるために必要ということで、元工員に一時的に結婚するよう仕向けました。後々武まゆみと結婚させるという甘言に乗せられた元工員は1990年の12月に偽装結婚してしまいました。