1分でわかるロボトミー殺人事件

ロボトミー殺人事件とは

  • 1979年9月に東京都で起こった強盗殺害事件で、精神科医の妻と母親が死亡
  • 犯人は1964年に被害者遺族である精神科医からロボトミー手術を受けていた元患者だった
  • 世界的にもロボトミー手術に対する批判が多くなり、精神外科は衰退した

ロボトミー殺人事件の概要

(画像:Unsplash

ロボトミー殺人事件は犯人が被害者遺族となった精神科医に外科手術を受けてから15年後に発生しています。犯人がロボトミー手術を強行された背景には、精神科医が家族を説得し本人に嘘をついて手術を行っていたという事実がありました。 ここでは、ロボトミー殺人事件の概要を詳述します。

桜庭章司は気性が荒いことで有名だった

ロボトミー殺人事件の犯人である桜庭章司(さくらばしょうじ)は1929年1月1日に長野県松本市で生まれました。小学校時代に東京に転居し東京高等工学校(現・芝浦工業大学)付属工科学校に進学しますが、家計を助けるために1年で退学しています。 20歳になった1949年には「これからは英語の時代」と考えるようになり、独学で勉強し通訳の資格を取得します。その後英語力を生かして当時占領軍の基地があった新潟県にある電話局に就職をしています。 一方で1948年に北陸5県社会人ボクシング選手権大会に出場し、ライト級で優勝するなど文武両道を貫きました。しかし家庭の事情で1950年に松本に戻り土木作業員として働くようになると、短気で暴力的な面が見られるようになります。やがて気性が荒いと周囲に恐れられるようになったようです。

器物損壊事件などを起こし精神病院への入院を余儀なくされた

桜庭章司が精神病院に入院したのは1964年3月11日のことでした。同月3日に老いた母親のことを話し合おうと東京都板橋区に暮らす妹を訪ねて口論となり、人形ケースを壊したことがきっかけです。妹の夫が警察に通報し、桜庭章司は器物破損事件の容疑者として現行犯逮捕されました。 翌4日に妹は告訴を取り下げたにも関わらず、警察は桜庭章司を1週間も留置します。そして過去に恐喝や暴力事件の前科があることを知り、それが精神疾患からくるものかどうかを判定するため精神鑑定を受けさせました。 都立梅ヶ丘病院で行った精神鑑定の結果、桜庭章司は「精神病質」と診断されます。そのため警察は同月11日に東京都多摩市にある聖跡桜ヶ丘の桜ヶ丘保養所(現・桜ヶ丘記念病院)に桜庭章司を強制措置入院させました。