ワーカホリックの意味とは?

(画像:Unsplash

ワーカホリックとは、中毒のように仕事にのめりこみ、とりこになること。 生活の大半が仕事で占めており、仕事中毒であること。 ひとたび外国に出てみると、日本人が勤勉で働きすぎだということがよくわかります。 外国では仕事中、昼休み以外の時間に昼寝をとる人がいたり、 出勤時間もまちまちで、 成果報酬制とはいえ働く時間が極端に少なかったりもします。 働き方改革が叫ばれる中でも、 外国人から見た日本人は、まだまだ働きすぎであると言えます。 男性の場合は、仕事以外の場所での自分の居場所や生き甲斐を見つけにくい場合や、仕事に没頭することで認められていると実感することも多いです。 また、女性の場合は、そんな男性たちと対等に働くようになり、日本社会では男尊女卑の名残で男性に劣らない様必死で仕事に取り組んだ結果、ワーカホリックになり体調をくずしてしまったということが起きています。

ワーカホリックを英語で書くと?

(画像:Unsplash

ワーカホリックという言葉は、1972年に出版されたアメリカの作家:ウェイン・オーツの著書「ワーカホリック 働き中毒患者の告白」という作品のタイトルで使われたことが始まりと言われています。 英語で書くと workaholic 語源は、 work(仕事)とalcoholic(アルコール中毒)を掛け合わせて出来た造語です。 残業の多い人や、長時間労働で社会問題にもなりました。

ワーカホリックな人の特徴とは?

(画像:Unsplash

ワーカホリックな人の特徴を3つお伝えします。 ワーカホリックな人には以下の3つの特徴があります。 ・仕事を切り上げるタイミングが分からない ・自由な時間があると仕事をしてしまう ・仕事を理由に友人からの誘いを断ってしまう それではそれぞれ見て行きましょう!

仕事を切り上げるタイミングが分からない

作業効率よりも、作業量や作業時間を重視してしまう人です。 周囲が残業をせず帰宅をしても、自分は職場に残り仕事を続けてしまう人。 時間管理と見切り、作業のスケジュールをあらかじめ立てるスキルを磨く必要があります。