もしかしたら気がある?脈ありのサイン!

(画像:Unsplash

職場では仕事を進めるために多くの人とコミュニケーションをとりますが、その中でも脈ありのサインと思われる異性の行動を解説します。 性別によって考え方は異なりますが、今回は異性に対して脈ありの可能性がある男女共通の行動をピックアップしました。もし職場の誰かからこれらのサインがある場合は、相手はあなたに脈ありかもしれません。

脈ありサイン① よく目が合う

まず1つ目は「よく目が合う」ということです。 仕事中は基本的には仕事をすることが最優先です。勤務時間中であればいかに仕事を進め、効率良く作業を行っていくかなどを考えるのが一般的です。 それなのに気付けばよく目が合うという場合は相手が何らかの理由であなたを気にかけています。時には何か仕事の用事があり話しかける機会を狙っている、ということもありますが、長く続く場合は相手はあなたに仕事ではない何か別の用事や感情を抱いている可能性があります。

脈ありサイン② よく話しかけられる

2つ目は「良く話しかけられる」です。 仕事中や休憩時間中などに、よく話しかけられる場合には脈ありかもしれません。業務上チームを組んでいて仕事の話をしなければならない場合は別です。 しかし仕事に関することだけでなくプライベートに関することなど、他の人とはしていない内容を多く聞かれる場合は関係を深めようとしているサインです。その会話の中であなたにとって合う人かどうかを見分けるヒントもあるかもしれません。

脈ありサイン③ 食事や遊びに誘われる

3つ目は「食事や遊びに誘われる」です。 社会人にとってプライベートの時間というのは平日休日に関わらず、日々の疲れを取ることができるとても貴重なものです。それでも仕事の場を離れたプライベートの時間に誘うということは、あなたと過ごす時間にそれだけの価値があるということです。 時には上司から部下へ、部下から上司へ仕事を円滑に進めるための誘いもあります。しかし明らかに特別なお店やイベントへの誘いは少なからず好意を持っているサインです。