職場恋愛のそもそものきっかけは?

(画像:Unsplash

恋愛にはさまざまな出会いや奇跡があり、その詳細なラブストーリーはまさに十人十色です。 しかし、職場での恋愛となると限られた社会の中での出来事のため、起こりうる「きっかけ」にはどことなく似ているケースもあります。これからその起こりやすい「きっかけ」の例をいくつか紹介します。

きっかけ① 同年代

1つめのきっかけは「同年代である」ことです。 職場には幅広い年代の人が在籍しています。人間は似ているもの同士が近付きやすい傾向がある生き物ですので、年代が近いと入社時期や仕事内容・能力等を始め、ファッション、グルメ、遊び等多くの話題で共通点が生まれやすく「親近感」を感じます。 その「親近感」から業務上や飲み会の席でも自然と会話がしやすくなり他の人との差別化が行われることが、恋愛関係に発展するきっかけになります。

きっかけ② 同じ部署・プロジェクト

2つめのきっかけは「同じ部署・プロジェクトで働いている」ことです。 職場といっても大小さまざまな形態がありますが、中でも一緒に仕事をする環境にあることがきっかけとなる人も多いです。 苦しい時でも必死に努力する様子や、活躍・挫折など友達関係だけでは見ることができない姿を知ることができます。更に同じ感情を分かち合い意見を交換することで、相手の価値観を知り互いに認め合うことで絆が深まる為、恋愛関係に発展する場合があります。

きっかけ③ 相手からのアプローチ

3つめのきっかけは「相手からのアプローチ」です。 自分が何も感じていない場合や、時には相手の存在すら知らない場合であっても職場恋愛に発展していることもあります。それはどちらかが一方的に好意を寄せている場合です。 大きな会社であれば社員の数も多く、直接出会いに繋がるケースは少ないかもしれません。しかし身だしなみを整え、社会人として自立し仕事に向かって努力する姿が輝いて見えたことで、好意を抱かれる場合もあります。