巨額の費用を注ぎ込んでいるアベノマスク

4月1日安倍晋三首相は布製のマスク2枚を全世帯に配布すると発表しましたが、製造や配送の費用に466億円の税金が投じられたことで多くの国民の批判を集めています。 菅義偉(よしひで)官房長官は4月24日の会見でマスクの調達額は約90億円に収まる見込みだと述べ、予算の半分に当たる233億円は予備費での執行を進めるとしています。

前向きな評価は少なく

国内各メディアからはアベノマスク政策を批判する報道が目立ち、インターネット上でも賛否評価が分かれています。政府は拡大防止の初動が遅れたとの批判から、マスク不足の早期解消をアピールする目的で始めた施策でしたが前向きに評価する声は少ないようです。 マスクは医療機関や介護施設に優先的に配布されており、一般の世帯にも速やかに配達しているとしていますが、5月3日現在でも全世帯への配布は完了していません。

マスクの市場流通に一定の貢献?

アベノマスクの全世帯配布の二次的な効果としてマスクの買占めが減り、「転売ヤー」と呼ばれる高値での転売者も少なくなってきました。中には繁華街の通りにマスクを並べてたたき売りをする「転売ヤー」らしき人の姿も見られ、マスクの市場流通は回復の兆しが見えています。