「悔恨」(かいこん)の要点

  • 意味:「自分のしたことをくやみ残念に思うこと」
  • 例文:「今になってつくづく悔恨の念に駆られている自分がいる。」
  • 類語:「後悔」「無念」「怨恨」
  • 英語:「remove」「remorse」

悔恨とは

「悔恨」は、読み方も漢字の書き方も難しい言葉です。日常会話よりも、書いたものをよく目にします。何か暗いイメージが強い表現です。様々な場面で使いこなすには、正しい読み方や意味を把握しておく必要があります。 まずは読み方と意味をキチンと整理しておきましょう。

悔恨の読み方は「かいこん」

少し読みにくいですが「悔恨」は「かいこん」と読みます。後悔の悔、痛恨の恨で覚えておけば問題ありません。 「悔恨」の二つの漢字はそれぞれ音読みでは「かい、け」、「こん」と読みますが、訓読みではそれぞれ「くいる、くやむ、くやしい」、「うらむ、うらめしい」となります。 「悔恨」の二つの漢字はどちらも音読みで読みますが、訓読みの方を見るとおおよその意味は想像がつきます。

悔恨の意味は「自分のしたことをくやみ残念に思うこと」

「悔恨」には「自分のしたことをくやみ残念に思うこと」の意味があります。 「悔やむ」には「人の死を悲しみ惜しむこと」の他に「失敗したことを後から振り返り悔しく思ってしかたないこと」の意味があります。 一方「恨めしい」にも「相手や状況へのうらみたい気持ち」の他に「自分の過去の失敗を残念に思う気持ち」の意味がありますので、これら二つを併せた「悔恨」で「自分のしたことをくやみ残念に思うこと」がより強調されています。