ポテンシャル 採用

こちらはビジネスシーンで使われる言葉で、カタカナ語の「ポテンシャル」の意味です。 「ポテンシャル採用」とは、若い人材の採用のために近年積極的に使われている採用方法で、経験値よりも今後の成長を重視した選考になります。 明らかに持っている力や資格などで見るのではなく、秘められた潜在能力に期待して採用することを言います。

ポテンシャルを高める、引き出す方法

これまで「ポテンシャル」に関する様々な言葉や意味を解説してきました。実際にビジネス用語としての「ポテンシャル」を高めたり、引き出すためにはどのようにすればいいのか、その方法を紹介します。 社会人として成長したい!と思っている人は必見です!

常に先々のことを考えて行動

「先を予測して考え行動する」という行為は、わからないことであっても自分なりに仮説を立てることになります。その仮説によって、今まだ起きていない成功・失敗の両方の可能性を考えることができます。この行為は成功を生み出すことにもなれば、リスクを回避することも可能にするのです。 まだ起きていない(=隠れている)可能性を見つけ出す、という行為こそがまさに「ポテンシャルを引き出す」ということです。この行為は自分自身のポテンシャルを高めることに大きく繋がるのです。

自分に自信をもつ

自分に自信がない人は「自分には無理だ」と考えてしまい、せっかくのチャンスを逃してしまいがちです。それではせっかく持っているポテンシャル、つまり「潜在能力」を活用する機会がないので宝の持ち腐れになってしまいます。 自分ならできる!と自分の力を信じて取り組むことで、自ら「潜在能力」を引き出すチャンスを作ることができます。自信を持って挑戦し、自分の「潜在能力」を鍛えましょう。