取り越し苦労の意味は「起きるかわからないことを悪い方に心配すること」

「取り越し苦労」は、日常生活でもビジネスシーンでも使う機会が多い慣用句です。正しい意味は「実際に起きるかどうかわからない先のことを必要以上に心配する、あるいは気に病む」ことです。そこに、「一度不安を感じてしまうと、悪い考えから抜け出せない」というニュアンスも含まれます。 「取り越し苦労」が適しているのは、「考えすぎ」という状況です。そのため「つまらない心配」という意味で使用されます。ニュアンスも含めて「取り越し苦労」の意味を覚えておくと、適切な使い方ができるようになります。ビジネスシーンでも積極的に使ってみてください。

取り越し苦労の使い方・例文

「取り越し苦労」は、心配事の前後どちらにも使える慣用句です。結果が悪くなるかどうかが不確定にも関わらず、それを過剰に心配している状況あるいは状態に使用できます。 ここでは心配事の前に起きる時・後に起こった時それぞれについて、例文を交えながら「取り越し苦労」の使い方を説明します。具体例と間違った使い方の両方を頭に入れておいてください。

例文①取り越し苦労かもしれないが(取り越し苦労なのはわかっていても)

「取り越し苦労」が物事の結果が出る前に使われている時は、「悪い結果になったらどうしよう」と必要以上に心配している状態を表しています。 ・健康診断を受けたら再検査の通知が来てしまい、取り越し苦労かもしれませんが病気かもしれないと不安なのです。 ・採用を前提とした面接なのだから取り越し苦労なのはわかっていても、落ちるかもしれないという不安は消えません。 この場合は、「悪い結果になるとは限らないのに心配で仕方がない」という意味で使います。「暴飲暴食ばかりしている父は病気になるはずと取り越し苦労するのが嫌でした」など、明らかに不安や心配をする根拠がある時には使いません。

例文②取り越し苦労だった(取り越し苦労していた)

「取り越し苦労」が物事の結果が出た後に使われる時は、「必要以上に不安を感じていたことに終わってから気づいた」という意味で用いられます。 ・大きなコンペだったのでプレゼンがうまくいかなかったら責任問題だとプレッシャーを感じていましたが、取り越し苦労でした。 ・ご両親に結婚を承諾していただけないのではと取り越し苦労をしていましたが、笑顔で祝福してくださりホッとしました。 この場合は、「すごく不安だったけれど結果は良かった」という気持ちが含まれます。そのため、予想通りに悪い結果に終わった時には使えません。例えば「取り越し苦労した通りに、彼は受験に失敗したではないですか」という使い方はしないので覚えておきましょう。