外務省から機密情報が漏洩した事件

西山事件とは1971年の沖縄返還協定について、毎日新聞社の西山太吉と外務省事務官の蓮見喜久子の2人が、国家公務員法違反で有罪判決を受けた事件です。外務省から機密情報が漏洩した、あってはならない事件だったと言えます。 1971年の沖縄返還協定の際に、アメリカ合衆国政府が沖縄に住む地権者に対して土地の原状回復費用として400万ドルを支払うはずでした。しかし実はこの回復費用はアメリカ政府ではなく、日本国政府が支払っていたのでした。 この情報を毎日新聞の西山太吉が蓮見喜久子から入手したことから事件が拡大します。

別名「外務省機密漏洩事件」

西山事件はその事件のいきさつから、別名「外務省機密漏洩事件」とも言われています。 西山太吉は、情報を入手するために外務省事務官であった蓮見に酒を飲ませて肉体関係を結び、話をせざるをえなくなる状況を作り出していました。沖縄返還に関わる資金の流れに関する情報を非道徳的な方法で入手していました。 裁判では西山太吉の情報収集方法について、その取材活動が違法であり、また報道の自由が無限ではないことを認める判決が下されます。

西山事件に関与した人物

西山事件に関わった主な人物は既に説明している2人の、毎日新聞社の西山太吉と外務省事務官の蓮見喜久子です。それぞれの人物についてその来歴などを紹介していきます。