敬遠の類語・英語

類語・英語

類語・英語(画像:Unsplash

「敬遠」の意味や読み方は理解できましたか。 前の見出しでは「敬遠」の読み方や意味を紹介しましたが、ここからは「敬遠」の類語・英語表現について説明します。「敬遠」の類義語と言われるピンとこなかったり、英語での表現がわからないという方はぜひ読み進めてください。

敬遠の類語は「忌避・回避」

「敬遠」の類語には「忌避・回避」などがあります。それぞれの意味は「忌避(嫌って避けること)」「回避(逃れるために避けること)」です。 どちらも「避ける」という意味が含まれていますが、「忌避」の方は「相手のことを嫌っている」ということと、「回避」には相手への「敬意」や「嫌う」という感情は含まれていません。「敬遠」との違いに注意して、使い分けられるようにしておきましょう。

敬遠の英語は「intentional walk・intentional pass・intentional base on balls」

「敬遠」を英語で表現すると「intentional walk」「intentional pass」「intentional base on balls」となりますが、これらは野球の「敬遠」を意味します。 日常で人を「敬遠する」時は、「avoid」を使います。「avoid the person」で「その人を敬遠する」という意味ですが、「建前上敬っている」というニュアンスは含まれません。

敬遠の使い方と例文

使い方と例文

使い方と例文(画像:Unsplash

敬遠の類語には「忌避」と「回避」がありましたが、「敬遠」とのニュアンスの違いも難しいものではないので、正しく使い分けられるようにしておきましょう。 ここからは「敬遠」を実際に使う例を、例文をまじえて紹介します。ここまでに紹介した「敬遠」の意味を確認しながら読み進めてみてください。