1分でわかる東大ポポロ事件

1分でわかる東大ポポロ事件

  • 東京大学の学生団体「ポポロ劇団」が「松川事件」をテーマにした演劇を上演
  • 会場内にいた私服警官3名を東大生が身柄拘束し、暴行を加える
  • 大学の自治が争点となり、最高裁まで争われた

東大ポポロ事件の概要をわかりやすく解説

1952年2月20日、東京大学本郷キャンパスにおいて「東大ポポロ事件」が発生しました。東京大学が公認していた「ポポロ劇団」という学生団体が、演劇発表会を行う中で発生した事件です。劇団に所属する東大生が、私服警官3名に暴行を加えました。 ここでは「東大ポポロ事件」の事件概要について、詳述します。

東大のポポロ劇団の発表会で事件は起きた

東京都本郷キャンパスにある法文経25番教室で、1952年2月20日にポポロ劇団による演劇発表会が行われました。演劇発表会を行うにあたり、ポポロ劇団は大学から正式な許可を受けています。 しかし演劇の上演中、劇団員である東大生が観客の中に本富士警察署の私服警官が3名いることに気づきます。そして、演劇の最中であったものの、私服警官たちは東大生に取り押さえられます。

ポポロ劇団は松川事件を題材にした演劇を発表していた

その日ポポロ劇団は、松川事件を題材にした「何時の日にか」という演劇を行っていました。松川事件とは1949年8月17日に発生した列車往来妨害事件のことで、国鉄三大ミステリーに名を連ねています。 線路が細工されたことで列車が脱線し、乗務員数名が死亡しました。その後に容疑者は逮捕されたにもかかわらず裁判では全員無罪判決が出て、未解決事件となっていたのです。 この演劇内容は政治色が強かったため、私服警察官たちが学生の思想を調査していたと考えられます。

【関連事件】国鉄三大ミステリー関連の記事はこちら