コンビニ3社が7月1日からレジ袋を有料化

セブンイレブンジャパンとローソン、ファミリーマートの大手コンビニ3社は、レジ袋1枚につき3円で有料提供する方針を明かしました。 ローソンならびにファミリーマートは一律3円ですが、セブンイレブンジャパンは基本3円としつつ、特大サイズについては5円で提供するとしています。

すべてのレジ袋を有料にする経済産業省

レジ袋有料化は経済産業省と環境省が、共同で実施を目指した制度です。コンビニを含む小売店すべてが対象で、レジ袋の有料化と無料配布禁止が実施されます。この運用方針は2019年12月25日にまとめられ、1月末から2月中旬にかけて実証実験が行われていました。 レジ袋有料化実施の背景には世界的なレジ袋削減の動きや、2020年開催予定だった東京オリンピックの影響があります。

環境対策でプラスチックゴミの削減を目指す

レジ袋有料化は世界的な環境問題となっている、プラスチックゴミを削減するのが狙いです。有料化とあわせてマイバッグの利用を促進することで、環境対策に貢献すると期待されています。