「encourage」の発音と語源

(画像:Unsplash

「encourage」は中学校で習う単語のため、覚えがある方も多いはずです。 実は、ビジネスのあらゆる場面で「encourage」は役に立つ単語です。ぜひ、使い方を覚えて同僚や部下とのコミュニケーションに生かしてください。 まずは、「encourage」の発音と語源から説明します。

「encourage」の発音は「エンカレッジ」

「encourage」の発音は「エンカレッジ」です。 発音が難しい部分は「courage」の部分ですが、「勇気」という意味の「courage」と全く同じ発音です。 「エンカレッジ」とただ単に平たく読むのではなく、「カ」の音にアクセントを置き「ジ」は息がまざったような発音をするのがポイントです。ネイティブの音声を聞いて、アクセントの位置と発音の仕方を確認してみてください。

「encourage」の語源

「encourage」の語源は「cor」で「心」という意味です。 「en」は「中に入れる」という意味です。「cor」を「en」する、つまり「心を(誰かに)入れてあげる」という意味から「励ます」というように訳されます。 発音の部分で紹介した「勇気」という意味の「courage」の語源も「cor」です。勇気は心から湧いてくるものなので、同じ語源となっています。語源を把握すると本来の単語のイメージを理解することに役立ちます。

「encourage」の意味と使い方

(画像:Unsplash

続いて「encourage」の意味と使い方を見ていきましょう。 「encourage」には3つの意味があります。人に対してだけではなく、様々なものに対して使うことができるためビジネスシーンで活躍する単語です。 実際に「encourage」が使われる場面を例文とともに紹介します。