1分でわかる江東マンション神隠し殺人事件

江東マンション神隠し殺人事件の要点

  • 2008年4月18日に23歳の女性が忽然と姿を消す
  • 女性はマンションから出た形跡がなかった
  • 同年6月13日に同じマンションに住む男性を逮捕

2008年春に起こった「江東マンション神隠し殺人事件」は犯人が逮捕されるまで様々なメディアが取り上げたので、記憶に新しい人もいるはずです。 犯人は女性を殺害した後遺体を細かく切り刻んで処分しており、逮捕後の供述によってその残忍さが明るみに出たのです。今回は「江東マンション神隠し殺人事件」について、解説します。

江東マンション神隠し殺人事件の概要

「江東マンション神隠し殺人事件」は2008年4月に起こりました。事件発覚後にマスコミが日々繰り返し報道し、世間の注目を集めました。また、犯人として浮かび上がる男性が、まるで何も知らないかのようにメディアによるインタビューに回答もしていたことが後にわかります。 この見出しでは「江東マンション神隠し殺人事件」の概要について説明します。

2008年に起きた殺人事件

事件は、2008年の4月に発生しました。監視カメラやオートロックが完備されたマンションで起こった殺人事件です。同日20時30分過ぎに帰宅した女性が、同居している妹がいないことに気づきます。 玄関の鍵は開いており、妹が履いていたブーツやお弁当袋が床に落ちていました。同日19時21分に妹から「マンションについた」というメールを受け取っていた女性は、警察に通報します。そして、女性が捜索届を出した約2カ月後に、妹が殺されたことがわかりました。

被害者女性と同じマンションに住む男が犯人だった

被害者女性が行方不明になった後、警察はマンションのエレベーター前にある監視カメラの映像をチェックしました。しかし、被害者女性が連れ出された形跡はありません。さらに、不審者も映っていませんでした。 警察はその後、マンションの住民全員に事情聴取を行っています。犯人は事情聴取を受けた、被害者女性と同じ9階に住む男性でした。