頻繁に使うと効果がない

インパクトの強い言葉ですので頻繁に使うと効果が薄まります。 誰にでも使うのではなく一部の人にのみ使うようにしましょう。 何度も使うと軽薄な人、という印象を抱かれてしまいます。 使うタイミングや相手をしっかり見定めることが肝心です。

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」と似た言葉

(画像:Unsplash

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」と同じような意味を持つ言葉はいくつか存在します。 ・「華がある女性」 こちらは華やかな雰囲気をまとった女性、という意味で用いられます。 美しいだけでなく華やかな印象もあわせ持つ女性に対して用いると良いでしょう。 ・「清楚な女性」 こちらは純朴さや素直さといった可愛らしい雰囲気をあわせ持った女性を評する言葉です。 ・「浮き立つような女性」 見ているだけでこちらがウキウキしてくるくらいに美しい、という意味で用いる言葉です。 初対面などでは少し使いづらいですが、気心の知れた間柄であれば問題なく褒め言葉として使えます。 ・「艶やかな女性」 美しさの中に妖艶さをまとった女性に対して用いられます。 大人っぽさや官能的な美しさを知的に言い換えた褒め言葉です。

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」と反対の言葉

(画像:Unsplash

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」と反対の意味をもつ言葉もあります。 ・「粗野な女性」 粗野とは乱暴だったり、気配りができないことを指します。 きめ細やかさがない女性は粗野な女性と言われてしまいます。 ・「がさつな女性」 がさつとは、大雑把な性格を少し悪く言い換えた表現です。 雑さが目に余る場合、がさつな女性と評されてしまうことがあります。 ・「はしたない女性」 はしたない、とは気品や恥じらいが欠如しているときに用いられる言葉です。 人前で足を広げて座るなど、恥じらいを感じられない女性をはしたない、と評すことがあります。 ・「卑しい女性」 卑しい、という表現も用いられることがあります。 お金や食べ物、洋服といった欲望に執着し過ぎるあまり、浅ましさが透けて見えてしまう場合に用いられることがあります。

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」は英語で花に例えて素直に伝える

(画像:Unsplash

バラや百合といった花に例えて女性を褒める英語表現を紹介します。 ・You look so stunning like rose. (あなたは咲いているバラのように美しい) このように、比喩表現で相手を褒めることができます。 また、直接「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」を英語に訳すと ・Appearance to walk peony if you sit peony you stand is lily flowers (立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花) という英文になります。