タックスヘイブンとは

タックスヘイブンとは税率の極端に低い国や地域をさします。そのために世界中の富裕層や企業が利用することがある地域です。 タックスヘイブンには、税関連の情報の秘匿性が高いという特徴があります。ここではタックスヘイブンがどのような場所なのか、世界の富裕層はどのようにそれらの地域を利用しているのかなどを詳しく見ていきます。

税率の低い地域

タックスヘイブンと呼ばれる国や地域は世界中に点在しており、その税率は著しく低く設定されています。それらの地域は租税回避地などとも呼ばれ、さまざまな企業や資産家が利用しています。 なぜ租税を低く設定しているのかといえば、それらの国が企業の設立や富裕層の移住に伴ってもたらされる雇用や手数料歳入の増加を目的としているからです。 よく知られているのがパナマやケイマン諸島、バージン諸島などです。タックスヘイブンでは税率が低いという以外にも、企業設立に関する規制が緩いのも特徴です。

各国に税関連の情報が漏れる心配がない

タックスヘイブンでは税関連に関する秘匿性が非常に高く、各国に税関連の情報が漏れることがないというのも魅力の一つとされています。 タックスヘイブンの税関連に関する秘匿性の高さは有名で、政府が情報の開示を要求しても応じることはありません。そのため監視や規制が行き届かないのが現状です。 なぜ税に関する情報の開示が応じられないのかといえば、それが企業や個人情報の保護などに抵触するからです。そのためタックスヘイブンには、税金逃れのための実体のないペーパーカンパニーが多数存在します。