ゴイアニア被曝事故の概要

1987年9月廃院跡地に放棄されていた放射線医療機器を盗み出した男2人がこれを解体し廃品業者に売り渡したことで放射能汚染事故は起こりました。 4人が死亡、249人が被爆したゴイアニア被爆事故とはどのようなものだったか、また被害者達が受けた被爆差別が如何に酷いものだったのか、この記事では被爆事故の概要について解説します。

1987年にブラジル・ゴイアニア市で起きた原子力事故

事故は首都ブラジリアンの南西210kmに位置する緑豊かな都市ゴイアニア市で起きました。 市内にある民間放射線治療病院が廃院となり、建物内に放置されていた放射線治療装置の回転照射体が高値で売れると思った男らに運び出されました。 自宅に持ち帰った男らには下痢や目まいなどの異常が見られるようになりますが、線源容器の解体に成功した2人は直ぐに金に換えようと廃品業者に売り払いに出かけます。買い取った廃品業者は倉庫で光るセシウム137に魅了され自宅に持ち帰ることにしました。

249人が被曝、4人が放射線障害で死亡

廃品業者は光る粉末状のセシウム137を家族や親類、隣人に見せびらかし、それを見た多くの人が手で触れたり体に塗りつけたりして楽しみました。 粉末状になっていたセシウム137は家族や親類、隣人が持ち運ぶ際に風などで飛び散り、その粉が付着した人や動物などが移動することで汚染範囲は広がっていきました。 次第に体調不良を訴える人が現れ、ゴイアニア公衆衛生局は放射能汚染と判断します。計112,000人が検診を受け、内249 人が体内外に被爆があると認められ、4 人が放射線障害で死亡しました。