へずまりゅうが窃盗罪で起訴へ

1分でわかるニュースの要点

  • 名古屋地検がYouTuberへずまりゅうを起訴
  • へずまりゅう7月に窃盗騒ぎを起こして拘留されていた
  • 新型コロナの拡散や炎上騒動など数々の問題行動が指摘

迷惑系youtuberへずまりゅう

へずまりゅうは動画製作を生業とするYouTuberの中でも、特に迷惑系YouTuberと呼ばれる人物です。過去に問題行動を繰り返した結果、多数の訴訟も抱えているといわれています。今回の件では新型コロナウイルスの感染拡大も行っており、社会的批判にも晒されています。

有名youtuberに凸で批判殺到

へずまりゅうは2020年2月頃から、アポなし凸(突撃を意味するネットスラング)を売りにする迷惑系YouTuberとして注目され始めました。 登録者数56万人を誇るよりひとに無理矢理共演を迫ったことを皮切りに、はじめしゃちょーやラファエルといった、有名YouTuberへの迷惑行為を繰り返します。 へずまりゅうはその中で、傷害に近い暴挙や個人情報を暴くなど、常識を疑う問題を起こしています。批判が殺到してほぼ炎上状態になり、YouTuber事務所のUUUMやVAZから訴訟準備も行われているようです。

コロナを撒き散らしながら動画撮影

へずまりゅうは2020年6月29日から、愛知県警に逮捕された7月11日までの間に、東京・山口間の4つの都市をマスクなしで練り歩きました。 へずまりゅうは検査こそしていなかったものの、39度の高熱状態でした。移動中に撮影した動画では、咳をしながら新型コロナウイルスへの感染を示唆しています。 彼は半ば感染を自覚していたにも関わらず、4つの都市で支援者などと接触し、いたずらに感染被害を拡大させました。世界的に自粛が求められる中、あまりにも軽率過ぎる行動に対して、厳罰を求める声が後を絶ちません。