ブランディングとは

マーケティング・人事・税務・組織編成など企業運営には様々な活動がありますが、「ブランディング」は競合他社と明確に差別化を図るためには非常に重要な活動で、ブランドの有無は企業の販売活動に大きく影響します。 まずはその「ブランディング」の意味や英語の例文などをご紹介します。

ブランディングの意味は「ブランドの価値を高めたり、方向性を定める」

ブランディングとは「ブランドの価値を高めたり、方向性を定める」活動のことです。 ブランディングには様々な目的があります。業界内での価値向上や他社との差別化を図ったり、自社のブランドイメージを明確にして顧客に訴求します。ただ、ブランディングも他の企業活動同様に、目的は自社商品の販売効率向上です。

ブランディングは英語の「branding」が語源

日本語の「ブランディング」は英語の「branding」が元となった言葉で、英語で「branding」といった場合も日本語の場合と意味は全く同じです。 ・Enhance branding and differentiate. (ブランディングを強化して差別化を図ろう。) 商品機能や価格ではなく、商品イメージとしての「ブランド」の確立は他社との強力な差別化要因になります。

企業のブランディング戦略、手法と成功事例

ブランディングが成功するためにはその企業名や商品名を聞いた時に、消費者が好感を抱いたり興味を示すようになっている必要があります。 ここではブランディングの成功事例として「レッドブル」「ニベア」「ダブ」の3つの事例をご紹介します。ブランディングにために重要なポイントも踏まえて読んでみて下さい。