メンターとは

(画像:Unsplash

近年、社員教育の一環として「メンター制度」を取り入れる企業が増えています。 メンター制度とは、新入社員と年齢が近い先輩社員が、仕事だけでなく職場の人間関係についても相談にのる制度のことです。 企業でのメンター制度について説明する前に、「メンター」の意味と語源を知ることから始めてみましょう。

メンターの意味は「アドバイザー、助言者」

企業における「メンター」とは知識や経験の乏しい後輩社員に対し、指導やメンタル面のサポートを担当する先輩社員を指します。ここで大事なのは業務スキルではなく、キャリア育成のサポートを重視していることです。 しかし本来「メンター」はもっと広義に使われています。共通しているのは、「指導者」や「アドバイザー」「支援者」という意味です。その場合、サポートすることは仕事に限らず生き方にも及びます。そのため、「メンター」には「教育者」や「理解者」も含まれるという考え方があるようです。 「メンター」は「コーチ」と混同されがちです。確かに必要な時に対話して、対象者が自発的に考え行動できるようにサポートするところは共通しています。しかし、コーチはプロジェクトの推進など目的が明確で、短期的に支援するという違いがあります。

メンターは英語の「mentor」が語源

「メンター」は英語で「mentor」といいます。その語源は「Mentor(メントール)」という古代ギリシアの長編叙事詩に登場する人物です。王の教育を担当するともに助言を行う賢者として、描かれていたといいます。 古代ギリシアで「メントール」と読まれた単語が、英語で「メンター」といわれるようになりました。そして意味も「指導者」「〜に指導する」に変化したそうです。

企業でのメンター制度

(画像:Unsplash

企業に導入されているメンター制度では、「メンター」はサポート役を担う先輩社員、「メンティー」は教えを乞う若手社員と定義しています。 一般的に1年間続くメンター制度のなかで、「メンター」が担う役割について説明します。