「feedback」する際に意識したいこと

(画像:Unsplash

「feedback」は、ただ自分が感じたことを伝えれば良いというわけではありません。常に「どのようにfeedbackすれば、相手がより良い方向へ向かうことができるのか」ということを意識しましょう。 相手をより良い方向へ向けるためのfeedbackには、2つのコツがあります。以下にご紹介しますので、ぜひfeedbackを成功させるための参考にしてみてください。

コツ①タイムリーに行う

1つ目のコツは「タイムリーに行う」ということです。相手に何か意見や指導をしたい、と感じるきっかけとなる出来事が起きたそのときに「feedback」を行います。 「feedback」は相手を責めたり、叱ったりすることが目的ではないため、相手が状況を具体的に把握している場面でなければ、効率の良い「feedback」を行うことはできないのです。時間が経過するほどに、記憶は曖昧になり、自分が何を正せば良いのかということがわかりにくくなります。 また、お互いが「feedback」の内容について正確な記憶で話し合うためにもできるだけ早い段階で相手への意見として「feedback」を行いましょう。

コツ②怒らず冷静に行う

2つ目のコツは「怒らずに冷静に行う」というものです。感情的になっていると、相手に伝えなければならないことの焦点がずれてしまい、怒りの感情をぶつけるだけとなってしまいます。 「feedback」は相手をより良い方向へ導くことが目的です。そのためには、冷静に何をどのように伝えるべきかということを常に把握している必要があります。怒りではなく、相手の問題点の根源となっているものを冷静に見極めることが「feedback」の第一歩です。 相手の言動に怒りを感じた場合は深呼吸をしたり、根本の問題点を洗い出したりしながらまずは自分が感じている怒りをクールダウンさせていくことが大切です。

「feedback」の類義語は「react」

(画像:Unsplash

「feedback」と似た意味を持つ言葉は「react」です。「react」とは「反応する」という意味の言葉で、相手の言動に何らかの反応をする様子を表します。自分が考えている意見を相手に反応として伝える、という意味で「feedback」の類語としての役割をします。 「react」は「feedback」に比べると瞬間的な反応というニュアンスが強く、相手の言動に思わず出る言葉や態度などを指すことが多い言葉です。