荼毘は「荼毘に付す」で覚える

(画像:Unsplash

「荼毘(だび)」は仏教徒でない限り熟語だけを使う機会はほとんどありません。基本的には「荼毘(だび)に伏す」という表現で覚えるとよいでしょう。 「荼毘(だび)に伏す」は本来、仏教徒のみが使う言葉です。お釈迦様の入滅以降、仏教における正式な葬儀が火葬となったからです。 しかし近年は「火葬する」という本来の意味ではなく、土葬や水葬も含めた「埋葬する」というニュアンスで「荼毘(だび)に伏す」を使う人も増えているようです。

荼毘に付すの使い方と例文

(画像:Unsplash

社会人になると仕事関係の葬儀に関わることも増え「荼毘に付す」という言葉を使うようになるものです。そんな時に使い方を間違うと、恥をかくことになりかねません。 ここでは「荼毘に付す」の使い方について、例文を交えて説明しますので覚えて活用してください。

亡くなった人に使う「荼毘」

「荼毘に付す」が使われる場面はいくつか想定できます。そこでまずニュースなどでも見聞きする例文をまず紹介しておきます。

例文

  • 海外旅行中に急死してしまった友人は、現地に荼毘に付されてお骨になって日本に戻ってきました。

例文

  • 実家と疎遠になっていた兄と連絡がとれないまま、父を荼毘に付したことが心残りです。

このように、事情があって早々に火葬しなければならない状況で「荼毘に付す」を使用すると覚えておきましょう。

まだ生きている人に使う「荼毘」

「荼毘に付す」は生きている人を対象に使うこともあります。

例文

  • 私は荼毘に付される日がきたら、家族だけで見送ってほしいと思います。

例文

  • 荼毘に付される直前に、自分の人生が有意義だったかどうかがわかることでしょう。

このように「荼毘に付す」は、いずれ迎える死を想定した会話の中で使われることも多いです。「死」という言葉を使わずにその後の話をしたいなら、「荼毘に付す」を用いるとよいでしょう。