「沽券に関わる」の読み方は「こけんにかかわる」

沽券に関わる

沽券に関わる(画像:Unsplash

「沽券に関わる」は「こけんにかかわる」と読みます。 「関わる」は常用漢字なので問題なく読めると思いますが、「沽券」はこの慣用表現以外ではほぼ使わないので「こけん」という読み方をしっかりと覚えておきましょう。 「沽」「券」それぞれの読み方は「沽」は「コ」「かう」「うる」、「券」は「ケン」と読みます。

「沽券に関わる」の意味は「品格や体裁に悪影響を及ぼす」

「沽券に関わる」の意味

「沽券に関わる」の意味(画像:Unsplash

「沽券に関わる」の意味は「品格や体裁に悪影響を及ぼす」です。 特定の人物の行動や、その人自身の行動ではなくても周囲の関係者の行動によって特定の人の品位や体裁に悪影響が出るという意味で使われます。 その他、通常「人」の品位や体裁などに使うのが辞書的な意味に基づいた使い方ですが、そこから意味が派生して「会社や団体」の品位や体裁について述べるときにも使うことができる表現です。

「沽券に関わる」の語源

「沽券に関わる」の語源

「沽券に関わる」の語源(画像:Unsplash

「沽券に関わる」は「沽券」を理解すると、慣用句の意味が分かりやすくなります。 「沽券」とは「人の価値・値打ち」という意味の言葉です。元々は江戸時代に使われていた「沽券状(こけんじょう)」という土地・家屋の売渡証書のことを言います。その証書の価値に関わるという意味で使われていましたが、そこから「人の価値・値打ち」という意味でも使われるようになっています。

「沽券に関わる」の類語は「示しがつかない」「面目にかかわる」「名誉にかかわる」

「沽券に関わる」の類語

「沽券に関わる」の類語(画像:Unsplash

次は「沽券に関わる」と意味が類似する「示しがつかない」「面目にかかわる」「名誉にかかわる」という3つの表現を紹介します。 それぞれ意味が非常に似ていて、全く同じ意味で使えるものもあれば、ニュアンスが異なる言葉もあります。その違いを理解して正しく使えるようになりましょう。