40度の高熱で休場中

相撲ファンの女子いわゆる「スー女」にその愛らしいキャラクターで人気の西前頭15枚目の千代丸が、高熱のため開催中の大相撲春場所を8日目(3月15日)から休場しています。 14日の夕方に発熱し15日の検温で39.7度だったため病院で診察、翌日にも40度まで熱が上がっており胸部X線の検査結果では異常はみられなかったものの、念のためPCR検査を受け新型コロナウィルスの感染有無を調べました。

17日に検査結果が判明し陰性

16日の病院での診察は蜂窩織炎の疑いが強く熱はあっても千代丸本人は元気な様子でしたが、実際17日にPCR検査の結果がわかり陰性と判明しました。 この蜂窩織炎は皮膚や皮下脂肪にかけて傷口から細菌が入りこむ感染症で、患部が赤く腫れて虫刺されのようなブツブツが出来たり熱を帯びたり触ると痛みを感じるなどの局所的な症状のほか、発熱・悪寒・頭痛やだるさ・関節の痛みなどの全身的な症状が出る場合があります。 力士に良く見られる病気で知られていて、今年の初場所での横綱白鵬の休場原因の一つにもあげられておりその際発熱も伴っております。

関係者に新型コロナウイルス感染者が出た場合中止する見込みの大相撲

他のスポーツと同様に対応と決断に迫られる中、関係者に感染者が出た場合は中止をするとした上で大相撲春場所は観客を入れずに行われています。 稀にみる非常事態の中での開催に力士たちはどういった想いを抱えているのでしょうか?