拉致被害から40年以上経った今

1970~80年代にかけて不自然な日本人の失踪が相次ぎました。この失踪は大韓航空爆破事件実行犯として逮捕されたキム・ヒョンヒ元死刑囚の供述から北朝鮮による拉致事件である可能性が出てきます。 北朝鮮は拉致の事実を認め、2002年5人の被害者が帰国しましたがそれ以降の進展はありません。被害者家族の高齢化が進む中、今も安否すらわからない家族の帰りを待っています。 拉致事件発生から40年以上、被害者の象徴ともいえる横田めぐみさんの事件を振り返って見ましょう。家族の今にも迫りました。

横田めぐみさん

新潟市に住む中学生横田めぐみさんは父親の滋さん、母親の早紀江さんの長女です。日本銀行の行員であった滋さんの転勤に合わせ広島から新潟に越してきています。 歌が好きで学校を休んだ友人にメッセージを送るような優しい少女であっためぐみさんが突如姿を消したのは1977年11月15日のことです。

1977年11月15日に北朝鮮に拉致された

1977年11月15日当時13歳、中学1年生の横田めぐみさんはバドミントン部の活動を終えて帰宅途中に突然姿を消しました。 失踪直後から家族総出であたりを探し回りましたが発見には至らず、誘拐事件として捜査を行ってきた新潟県警も何の手がかりも得ることができなかったのです。その後もめぐみさんの捜索活動は行われましたが生死すらわかりませんでした。 めぐみさんの消息は不明なまま長い時が過ぎていきましたが、1997年北朝鮮に拉致されたことが発覚します。

[関連記事]その他の拉致事件に関する記事はこちら

1997年に北朝鮮に拉致されたと判明した

新潟で行方不明となった横田めぐみさんの消息はつかめぬまま20年余りが経過した1997年耳を疑う情報がもたらされます。 北朝鮮の元工作員である安明進が88年~91年にかけて金正日政治軍事大学で横田めぐみさんを見たと証言したのです。この証言を発端として一連の北朝鮮による日本人の拉致が発覚しました。 北朝鮮は安明進の証言を虚偽とし拉致事件への関与を否定し続けましたが、2002年金正日が拉致を認め謝罪し再発防止を約束しました。