手取り25万円の人の割合と年齢別の割合

(画像:Unsplash

国税庁の民間給与実態統計調査によると、手取り25万円の人の全労働人口における割合は約15%です。 手取り25万円は年収に換算すると約400万円程度で、年収300万円代に続いて最も高い割合です。中小企業に勤める一般的なサラリーマンは大体手取りが25万円前後だと考えることができます。

男性の年齢別の手取り25万円の割合

(画像:Unsplash

男性の年齢別の手取り25万円の割合についてご紹介します。男性の年収について詳しい結婚相談所の調査によると、20代で24%、30代で27%、40代で19%、50代で10%とのことです。 男性全体での割合は約18%です。日本における標準的な生活を送っている若い男性の手取りが大体25万円前後だと考えることができます。 男性は企業勤めが長くなるほど出世し、給料が上がっていく傾向があるので20代・30代に比べて40代・50代の割合が少なくなっています。

女性の年齢別の手取り25万円の割合

(画像:Unsplash

女性の年齢別の手取り25万円の割合についてご紹介します。女性の年収も結婚相談所の調査を参考に見てみると、20代で14%、30代で23%、40代で22%、50代で18%とのことです。 女性全体に対する手取り25万円の人の割合は約15%です。男性よりも割合が低いのは、キャリアへの考えの違いや出産などのライフプランが関係しているのでしょう。 手取りが25万円以下の人が女性の約8割を占めています。手取り25万円の女性の割合が約15%ということは、手取り25万円未満の人が大多数だと言えます。

まとめ 

(画像:Unsplash

手取り25万円の人の割合は全体で約15%です。男性の割合は約18%、女性の割合は約15%です。 手取り25万円があれば余裕を持った生活を送ることができます。また、手取り25万円は誰でも目指すことが可能なので、もし現状の給与に不満がある場合はぜひ手取り25万円を得ることから始めてみましょう。関連記事で手取り25万円を稼ぐことができる仕事を紹介しているので、転職の際の参考にしてみてください。 関連記事はこちら↓