1分でわかる酒井法子

酒井法子とは

  • 1986年にデビューしたアイドル・女優
  • 夫高相祐一と覚せい剤取締法違反で逮捕
  • 現在は中国・台湾を中心に活動

酒井法子の経歴

(画像:Unsplash

酒井法子さんは、1980年代はのりピー語で一世を風靡したアイドルとして、1990年代は「ひとつ屋根の下」「星の金貨」といったドラマで清純派女優として活躍します。 それだけに薬物とは全く結びつかないイメージがあり、覚せい剤取締法違反による逮捕は世間に大きな衝撃を与えました。

アイドル、女優として活動

酒井法子は1986年に芸能活動を開始し、翌年アイドルとして「男のコになりたい」で歌手デビューを果たします。天真爛漫なキャラクターと「のりピー」語で一躍人気者になりました。 1990年代に入ると活路をアジア各国に求め、1992年には中国台北市でコンサートを開くなど着実に活動の基盤を築いていきます。 国内では脚本家の野島伸司に見出され「ひとつ屋根の下」「星の金貨」などに主演し女優としての才能を開花させました。また、主題歌「蒼いうさぎ」が自身初のミリオンセラーを記録します。

プロサーファーの高相祐一と結婚

アイドルから女優へと順調な芸能活動を続けていた酒井法子でしたが、プライベートにおいても1998年にプロサーファー高相祐一との結婚を発表します。 この結婚発表では併せて酒井法子が妊娠3か月であることも発表され、翌年にはハワイで男児を出産したことが報道されました。 それまでの酒井法子といえば、ドラマの影響もあり清純派のイメージが強く、突然の「できちゃった婚」に戸惑いや違和感を感じる人も少なくありませんでした。