「揚げ足を取る」の意味と由来

(画像:Unsplash

「揚げ足を取る」という言葉はよく耳にしますが、いざ使おうとすると正しく使えているか自信がなくなってしまうこともあるでしょう。 言葉の意味や由来を知っておくことで、自信を持って使うことができます。

「揚げ足を取る」の意味は「小さなミスや誤りで大げさに責め立てる」

「揚げ足を取る」の意味は、小さなミスや誤り、失敗などを取り上げて、大げさに責め立てることです。 言葉の言い間違いや簡単な覚え間違いをあえて取り沙汰し、ミスや失敗を誇張することを「揚げ足を取る」といいます。 また、責めたり非難したりすることの他に、相手をからかう意味でも用いられます。しかし、一般的には好意的なからかいというよりも、相手を貶めたり軽んじたりすることに通じるからかいを指します。 上司や先輩の「揚げ足を取る」ことで一瞬その場に笑いが沸き起こることはあるかもしれませんが、揚げ足を取られた本人は居心地の悪い思いをすることが多いです。

「揚げ足を取る」の由来や語源は「相撲や柔道などの競技」からくる

「揚げ足」とは、相撲や柔道などの競技で技をかけるときに上げる足をいいます。上げた足をつかむと、相手はバランスをとることができずひっくり返ってしまいます。 つまり、「揚げ足を取る」とは相手の一瞬の隙や詰めの甘さを見逃さず、それを利用することで、相手をその場に引き倒すことをいいます。 このことから、相手の小さなミスや失敗につけこんで、相手をやり込めることを「揚げ足を取る」というようになりました。

「揚げ足を取る」の類語

(画像:Unsplash

「揚げ足を取る」の意味や言葉の由来についてわかりやすく解説しました。由来を知ることで、間違った場面で言葉を使うことを防ぐことができるでしょう。 続いては、「揚げ足を取る」の類語をご紹介します。