初診も時限的に解禁した厚生労働省

厚生労働省では今月10日の総会で、新型コロナ感染拡大の時限措置として初診患者に対してもオンライン(テレビ電話等)で受診できることを承認したと発表しました。 新型コロナ感染のリスクが高まる中、医療機関を受診したことで新たに感染したり逆に感染を広めてしまうといった懸念が広がっており、オンライン診療の早期導入が待たれていました。

厚生労働省が診療可能箇所を公開

オンラインで受診可能な医療機関は東京都内だけでも1059機関で、25日現在は全国で1万超の医療機関が対応しています。 厚生労働省ではホームページで医療機関のリストを公開しており、リストは順次更新していくとしています。東京都の医療機関では約500超の医療機関が初診から行っていますが、中には既往症などが分からないと診察できないとする機関もあり事前の問い合わせが必要となります。

薬の受け取りも郵送可能

日本薬剤師会は4月11日に会員宛てにオンラインによる調剤について通達を出し、円滑な服薬指導等が行えるように指針を示しました。 それによると医療機関からFAX等で送られてきた処方箋に対しては、従来の法律に定められた処方箋として処理した後、医療機関から原本を預かるとしています。また、薬剤の送付については確実に患者に届く様に書留郵便を使う方針です。