虚無感の意味とは?

(画像:Unsplash

虚無感というのは、自分が生きている人生において意味を感じなかったり、自分の生きる意図や役割を見失っていることを指します。 虚しい感覚になり、『虚無感に襲われる』であったり『虚無感に苛まれる』と表現します。

虚無感の類語は?

(画像:Unsplash

虚無感に似た言葉は様々あり、『寂しい』や『孤独感』などの類語があります。 寂しいなどの類語は簡潔に言えますが、他にも脱力感や挫折感などのやる気が入らないことでも使われます。

虚無感と空虚感の違いは?

(画像:Unsplash

虚無感と空虚感はほとんど同じ意味合いを持っています。 虚しさや孤独感など、そういった意味は同じですが、『虚無』も『空虚』も空間的や物理的に同じです。 『空虚』は物理的などの実際に空っぽの場合で、『虚無』は心の中の状態や精神状態が荒れているということになります。

虚無感を英語でいうと?

(画像:Unsplash

虚無感は、英語で『emptiness』や『empty feeling』と言います。 文章で表す際に、『虚無感に苛まれる』を『I am annoyed by emptiness』と言います。 そもそも『empty』という英語は、日本語に訳すと空っぽであったり中身の無い状態を表します。 『feeling』という英語は日本語に訳すと何かを感じたりすることを表します。使いやすさで言えば、『empty feeling』ですので、こちらの英語で覚えてみましょう。