有給休暇中の給料はどのくらい貰えるのか?

もらうことができる有給休暇の日数と給与額を知っておこう

  • 有給休暇は何日もらえる?
  • 有給休暇中の給料はいくらになるのか
  • もらった有給休暇はいつ使える?

有給休暇の付与日数と、休暇中の給与額については把握していますか?正社員に加え、パートやアルバイトにも有給休暇が付与されます。有給休暇を取るために、事業所の制度や事情を知っておくことも大切です。

2019年4月から取得義務化となった有給休暇の日数計算

2019年4月からは、年間5日は有給休暇を取得しなければならなくなりました。従業員が計画的に有給を取れるような制度づくりを進めている事業者もあります。 有給休暇はいつ、何日間もらうことができるのでしょうか?

雇用形態を問わず、6ヶ月以上継続して勤務、全労働日の8割を出勤が条件

有給休暇が付くためには、6か月以上入社日から経過していることと、勤務日の8割以上は出勤したことが条件となります。 正社員、パートなどの雇用形態は問われません。労働基準法で決められており、事業者は条件を満たした従業員に有給をつける義務があります。

入社日の半年後から年10日発生、1年ごとに増加

有給休暇は勤務年数を重ねると、付与される有給休暇の年間日数が増える仕組みです。 初めは勤務開始から6か月後に10日が付き、それから入社してから1年6か月後と2年6か月後には前年プラス1日ずつ、それぞれ11日と12日付きます。 さらに勤務3年6か月から6年6か月経過までは、1年経過で前年よりも2日多くもらえます。