氷河期世代の現状

「氷河期世代」の多くは30~40代を迎えました。中には20年以上「引きこもり」を続けている人も多いのが現状です。親たちも高齢化が進んでおり介護などの問題が深刻化していると想定されます。この状況下で「氷河期世代」の現在地とはどういったものでしょうか。

フリーター、ニート、非正規雇用

バブルが崩壊したことで、各企業はリストラをはじめとした人員整理を始めます。すでに就職している人が余っている状況であるため、新規採用など雇用できないのは必然だといえるでしょう。 その結果「就職氷河期」と呼ばれる就職困難期が日本大半の企業に襲い掛かりました。一流大学を卒業した学生さえ正社員となれず、就職浪人となっても正社員になれる保証などありません。 そこで若者たちはフリーターやニート、非正規雇用社員となって生活せざるを得なくなりました。目的を見失った若者は無気力になり、日本全体が活力を失ったのもこの頃です。

引きこもりから事件へ発展することも

「就職氷河期」は若者から活力を奪っただけでなく「引きこもり」といった新たな問題を引き起こします。「引きこもり」といえば若年層を連想しがちです。 しかし実態は「就職氷河期」に精神的なダメージを負った40代が中心になります。ところがこれまで政府は若年層の引きこもり対策に偏ってきた経緯がありました。 したがって「就職氷河期」に引きこもりとなった世代は20年以上、ケアがなされていないことになります。その結果、大きな事件へと発展する事例も数多くあり今後の対策が極めて重要です。

政府は氷河期世代を支援

高齢化する「氷河期世代」に対し政府はようやく支援対策を行うことを決めました。そこには日本全体が抱える少子高齢化の問題もあります。慢性的な労働力不足は国益を脅かすまでに深刻です。課題が山積みの中で政府は「氷河期世代」に何を求め、どういった支援を考えているのでしょうか。