1分でわかるフライデー襲撃事件

フライデー襲撃事件大枠

  • ビートたけしが後輩たちを連れフライデーを襲撃
  • ビートたけしらが芸能活動を自粛
  • フライデー事件後にBIC3と呼ばれる

「フライデー襲撃事件」とは若かりし頃のビートたけしが後輩たちを連れ、フライデー(講談社)の本社を襲撃した事件のことです。この事件によりビートたけしは人気絶頂の最中芸能活動を自粛します。 しかしながらビートたけしは復帰後さらに人気を上げ、さんま・タモリとともにお笑い界のBIC3と呼ばれるようになるのです。

フライデー襲撃事件の経緯

「フライデー襲撃事件」とは1986年12月9日にビートたけしが、写真週刊誌フライデー(講談社)に乗り込み襲撃した事件です。 人気絶頂の最中に起こした事件だっただけに、メディアでも大きく取り上げられ世間を騒然とさせました。襲撃理由としては、フライデー側の執拗な取材に対しての報復だったのです。

フライデー襲撃はビートたけしが人気絶頂時に起こした

1986年に起きた事件ですが、その当時のビートたけしは人気芸人として脚光を浴びていました。そんな時の人が起こした暴力事件にマスコミは大きく食いつき、一斉にメディアで拡散されたのです。 新聞では一面を飾り、テレビでは連日事件について報道されました。 「フライデー側が悪い。」「いき過ぎた取材をした報いだ。」というビートたけしを擁護する意見や、「なにがあっても暴力はいけない。」「もっと大人の対応をするべきだ。」と非難する意見と真っ二つに世論が分かれたのです。

ビートたけしの交際女性へのフライデーの執拗な取材に対する報復

「フライデー襲撃事件」の動機としては、当時ビートたけしが交際していた女性に対してフライデー記者が執拗な取材を行い、交際女性に怪我を負わせたからです。 取材を断った彼女に対して強引に立ちふさがり、テープレコーダーを顔に押し付けたり、手を掴んで引っ張るなどの行為をしました。 それにより交際女性は腰部捻傷、頸部捻挫で全治2週間の怪我を負ってしまったのです。そのことを知ったビートたけしは怒りが収まらずフライデーを襲撃しました。