豊川信用金庫事件の概要

1分でわかる豊川信用金庫事件

  • 女子高生の噂話が発端
  • 豊川信用金庫が倒産するという噂が一気に拡散
  • トイレットパーパー騒動など類似の騒動も

「豊川信用金庫事件」は女子高生の会話がきっかけとなり、1週間で約26億円もの預金が引き出されるという大騒動に発展しました。 ここでは「豊川信用金庫事件」の概要について説明します。冗談を交えた会話が噂となりパニックが起こる過程に何が起きたのか、時系列に詳述していきます。

女子高生の3人組の電車での話が発端

「豊川信用金庫事件」の発端は、女子高生3名による他愛もない雑談でした。豊川信用金庫に内定していた女子高生が友人に対し、「豊川信用金庫は危ない」と冗談で話しました。しかしそれは「銀行強盗がくるかもしれないから危険」という冗談であり豊川信用金庫の経営が危ないという内容ではなかったようです。 しかし字面のみを鵜呑みにした女子高生は、親戚に豊川信用金庫の経営が危ないのかどうかの相談を持ちかけます。その相談を受けてその親戚も別な人に、豊川信用金庫の危険性を相談しました。その際に経緯を説明しなかったことで、「豊川信用金庫が危ないらしい」という話に変化していったようです。

あっというまに噂は広まった

「豊川信用金庫は危ないのか」と電話で聞かれた親戚は翌日、美容院経営者に「豊川信用金庫は危ないらしい」と伝えました。すると美容院経営者は自身の親戚にも同じことを伝えたのです。その場にはクリーニング業者が居合わせていました。 そしてクリーニング業者はそれを妻に話し、そこから近所に住む主婦の間で噂となります。道端で井戸端会議に興じる主婦たちの会話を、通りがかりの住民が聞いたことでさらに噂は広まっていきました。

豊川信用金庫が倒産するという断定した噂にすり代る

主婦の噂話を耳にした住民が話題にするときには、「豊川信用金庫は危ない」という断定した言い方に変わっていました。そのタイミングで、たまたまクリーニング業者のところで電話を借りた人が「豊川信用金庫から120万円を引き出してほしい」と相手に話しました。 それを聞いていたクリーニング業者の妻は、豊川信用金庫が倒産するから預金を引き出そうとしていると勘違いしてしまいます。そしてクリーニング業者夫婦は自分たちも豊川信用金庫から預金を引き出し、知人に「倒産する」と伝えてしまいました。