元々は1株5,100円でのTOBを目指していた

ユニゾHDは同社のウェブサイトで、同社従業員と米ファンドのローンスターが設立したチトセア投資が提示した普通株式1株あたり5,100円でのTOB(EBO=エンプロイーバイアウト)を目指していました。 しかし、ブラックストーンが1月29日に買い付け価格を5,600円まで引き上げたため、ユニゾHDは同社の基本方針に沿って真摯に協議を行う意向を示していました。 これに対しチトセア投資は今月9日、買い付け価格を5,700円に引き上げると発表しました。

ブラックストーンがTOB価格を1株5,600円に設定

ブラックストーンは今年1月28日、ユニゾHDの同意を条件にTOB価格を1株5,600円に設定すると発表しました。 これはチトセア投資の提示価格より500円引き上げた結果となり、10%のプレミアムとなります。ブラックストーンは、本件TOBによる重大な悪影響はないとし、ユニゾHDの取締役会の再構成に必要な株主総会を速やかに実施することを求めています。 一方、ユニゾHD側はチトセア投資の買い付けに賛同する意向を示しており、取締役においても応募を推奨する旨を決議したと発表しました。

フォートレスは1株5,200円のTOB価格

フォートレス(サッポロ合同会社)は1月29日に、普通株式1株の価格を5,200円に引き上げ、ユニゾHDに対するTOBを継続する旨を発表しています。 フォートレスのユニゾHDの買収目的は、同社の解体を視野に入れていることは明らかで、従業員の保護、並びに企業価値の維持・向上を図れないとして反対の意向を示しています。 ユニゾHDは昨年の9月以降もフォートレスとは真摯に協議を続けてきましたが、フォートレスが有効な協議に応じないことから、同社とのTOBに反対する意向を取締役会より決議したと発表しました。