木下優樹菜が芸能界を引退

1分でわかるニュースの要点

  • 7月1日に芸能界へ復帰した木下優樹菜が6日突然引退
  • 木下優樹菜はタピオカ店を恫喝し、活動自粛していた
  • 芸能界引退は木下優樹菜から申し出た

発端は木下優樹菜によるタピオカ騒動

木下優樹菜は2019年10月、実姉の勤めるタピオカ店との間でトラブルを起こしたことでネットを中心に炎上状態となりました。この騒動で木下優樹菜は活動を自粛し、さらに12月末には夫の藤本敏史と離婚しています。

店主を恫喝

木下優樹菜が活動自粛するきっかけとなったトラブルは、2019年7月から始まりました。元々は木下優樹菜の実姉と、勤務先のタピオカドリンク店経営者との間で起こったトラブルだったのですが、途中で木下優樹菜が割って入ったために問題が泥沼化したようです。 トラブルに腹を立てた木下優樹菜は、タピオカドリンク店経営者に約3ヶ月間、恫喝めいた発言を繰り返しました。

ネット上で炎上し芸能活動休止

2019年10月6日、木下優樹菜のタピトカドリンク店に対する暴言が発覚し、炎上しました。木下優樹菜は9日に、インスタグラムへ謝罪文を投稿していますが、タピオカ店側とは和解できませんでした。 11月18日、プラチナムプロダクションは木下優樹菜の行動が不適切だったと認めて、当面の間の活動自粛を発表しました。