「hype」の発音は「ハイプ」

(画像:Unsplash

「hype」という単語は、「ハイプ」と発音します。hのあとに母音なしでyがくるので、初見だとどう読めばいいのか混乱してしまうこともめずらしくありません。 また、イギリス英語では、hが「エイチ」ではなく「ヘイチ」と聞こえるように発音されることがよくあり、「hype」のhも息が混じったような音で発音されます。 一方、アメリカ英語では日本語の「ハ」と同じ音で読まれます。そのため、「hype」の発音もアメリカとイギリスでは少し異なるということを知っておきましょう。 また、pの発音は「破裂音」と言い、ほとんど聞こえないくらい小さな音で読まれます。「ハイプ」と全ての音を均等に発音すると日本語訛りに聞こえるので、hの音にアクセントを置き、pはほとんど発音しないようメリハリをつけて読むことがポイントです。

「hype」の意味

(画像:Unsplash

「hype」は言葉として聞いたことがあっても、知らないとその意味が想像しづらい単語です。ここでは、「hype」の主な意味である「誇大広告」と「麻薬常用者」の2つについて説明します。 「hype」は比較的新しい単語でスラング的な意味合いもあり、古い辞書には載っていないこともあります。スラングとしての使い方も一緒に紹介するので、ぜひこれ機に「hype」の意味を押さえておきましょう。

誇大広告

(画像:Unsplash

「hype」は名詞で「誇大広告」という意味です。「media hype」で「メディアの騒ぎ」「メディアによる誇大広告」という使われ方をします。 ・There has been too much hype around the new film. (その新しい映画の誇大広告がひどい。) 動詞として、「誇大に宣伝する」「誇大な宣伝で人々をあおる」という意味になることもあります。 ・We have to hype the film to attract the financiers. (出資先を惹きつけるために、その映画を誇大に宣伝しなければならない。) 誇大な宣伝によって人が夢中になったり盛り上がったりする、という様子から転じ、「興奮した」「夢中になった」という意味で「hype」が使われることもあります。若者の間ではこの使われ方が主流になってきています。 ・I am so hyped up and can't stop smiling. (とても興奮しちゃって、笑いが止まらないよ。) テンションが上がった時に言ってみると、あなたがとても興奮しているということがネイティブスピーカーにはよく伝わります。

麻薬常用者

(画像:Unsplash

「hype」には元々「麻薬常用者」という使い方もあります。「on the hype」という使い方をする場合、「麻薬中毒になって」という意味になります。 ・He has been on the hype since he was a teenager. (彼は10代の頃から麻薬を常用している。) ・Don't get so hyped or you're gonna be in the bathroom all night! (麻薬をやりすぎると、一晩中風呂場で過ごすことになるぞ!) 今ではこのネガティブな意味で使われることよりも上記で紹介した「夢中になる」「興奮する」というスラング的な使われ方をすることがほとんどです。「そういった意味もある」程度に知っておきましょう。 しかし、文脈次第では「麻薬中毒だ」というように捉えられかねない場合もゼロではありませんので、「hype」を使う時には相手を勘違いさせないよう注意が必要です。