マインドフルネスがもたらす効果

マインドフルネスの魅力は老若男女が実践できる手軽さです。手軽さだけではなく、実践後の効果についてもさまざまな事例が紹介されています。マインドフルネスを実践することでもたらされる具体的な効果とは如何なものでしょうか。

免疫力や血圧・血中コレステロール・血糖値の改善

免疫力や血圧・血中コレステロール・血糖値の改善が検証されました。免疫力の低下など身体の不調は精神の状況に大きく関係します。端的にいえば心に不安な状態が続くことで血圧などに悪影響を及ぼしているといえるでしょう。 マインドフルネスを継続することで心の緊張状態は著しく緩和されており、体調の改善といった成果は科学的にも検証されています。

交感神経と副交感神経のバランスがよくなり良質な睡眠に

交感神経と副交感神経のバランスがよくなり良質な睡眠につながります。睡眠障害の原因はストレスです。人間は自分の意に反して無理な判断を下したり、我慢し続けていると交感神経系と副交感神経系のバランスを崩します。 マインドフルネスは無理に判断を下すことはありません。あるがままに物事を受け入れることを実践しますから自律神経を刺激することなくバランスを保ちます。

緊張・うつ状態の緩和でリラックス

緊張・うつ状態の緩和でリラックス効果が得られます。情報が脳に伝達されるとこれから起こる事態を想定し危機管理能力が働くのは当然です。ただし過剰に反応すると不安・恐怖といったネガティブな思考に苛まれ緊張・うつ状態に陥ります。 マインドフルネスでは“今”に集中しますから余計な情報や雑念は脳にはいりこみません。つまりリラックスした状態が保たれ、緊張・うつ状態とは皆無です。