マインドフルネスがもたらす効果とは?

1分でわかるニュースの要点

  • 心を“今”の状態にリセット
  • 瞑想によって脳の自動運転をストップ
  • 緊張状態から解放され心豊かな心身を取り戻す

マインドフルネスは心を“今”の状態にリセットすることです。瞑想することで脳の自動運転をストップし「気づく」「判断を下さない」「物事を明確に捉える」に徹します。習慣づけて継続すると緊張状態から解放され心豊かな心身を取り戻せるでしょう。

マインドフルネスとは

マインドフルネスという言葉がさまざまなメディアで紹介されています。情報が氾濫する現代社会において、自らの心に向き合う方法はとても重要です。その手法として世界の名だたる経営者が実践するマインドフルネスとは如何なものでしょうか。

心を"今"に向けた状態

マインドフルネスとは「心を“今”に向けた状態」のことです。巷にはさまざまな情報が氾濫しています。私たちの脳には絶えず新しい情報が運び込まれているといえるでしょう。 些細な情報であっても脳は取捨選択すべきか否かを判断し私たちの行動に結びつけています。この状態が続くと私たちの心と身体はパンクしてしまうでしょう。マインドフルネスは、心と身体のリセットが目的ともいえます。

脳の自動運転を止め、気づきを得る

マインドフルネスの状態とすることで脳は自動運転をストップします。新たな情報をシャットアウトし脳を“今”の環境に止めることで気づきを得ることが可能です。 人によって脳が処理できる情報量に差はあるものの自動運転が続けば限界が訪れます。単に必要か否かを判断するに過ぎず、深掘りできないこともあるでしょう。マインドフルネスを実践すれば、普段気づかないことに気づく余裕が生まれます。