1分でわかる佐世保小6女児同級生殺害事件(NEVADA事件)

佐世保小6女児同級生殺害事件の要点

  • 2004年に起きた事件の別名はNEVADA事件
  • 犯人も被害者も当時小学6年生
  • インターネット上でのやりとりが事件のきっかけ

佐世保小6女児同級生殺害事件(NEVADA事件)の概要

2004年6月1日、長崎県佐世保市で当時小学6年生だった辻菜摘がカッターナイフで同級生の首を切り殺害しました。事件後に出回った写真で辻菜摘が着ていた洋服に「NEVADA」と書かれていたことから、NEVADA事件という別名がついています。

2004年に長崎佐世保で起きた少女殺人事件

長崎県佐世保市立大久保小学校で2004年6月1日、当時11歳の少女が同級生で当時12歳の少女の首を切りつけ殺害する残虐な殺人事件が起きました。 加害者の辻菜摘は給食時間の前に同級生の御手洗怜美さんを学習ルームへ呼び出して、後ろから首を切りつけています。御手洗怜美さんが死亡するまでの約15分間、その場にとどまっていたことが猟奇的だと話題になりました。

犯人は被害者と同級生の小学6年生の少女

犯人の辻菜摘と被害者の御手洗怜美さんは小学校の同級生でした。御手洗怜美さんは小学4年生のときに転入した転校生でしたが、絵を描くのが好きという共通点があり2人は仲良くなったといわれています。 同じミニバスケットボール部に所属したり、自宅で遊んだりして2人は親睦を深めていきました。他のクラスメイトと共に交換日記やチャットもしていたようです。