米メディアが武漢の研究所が発生源とする説を提唱

新型コロナウイルスの発生源をめぐり、中国とアメリカが対立をしています。中国の湖北省武漢市にある研究所が発生源との説が再燃しているためです。 報じられているのは、中国科学院の武漢ウイルス研究所、そして武漢市疾病予防センター研究所の2ヶ所です。CNNなど複数メディアは、アメリカ政府が調査を開始したと報じています。 当初は武漢市の海鮮市場が感染源と見られていました。しかし「市場が感染源」とする説は、研究所からウイルスが流出した責任を回避するために準備されたシナリオではないかとの見方も広がっています。

中国は否定

これについて中国は明確に否定しています。外務省の趙立堅報道官は16日の会見で「根拠のない話」と一蹴。「WHO(世界保健機関)や著名な専門家たちも、この説には全く根拠がないとの立場を明確にしている」旨を明らかにしました。 なお同報道官は先月12日、「新型コロナウイルスは、アメリカが中国に持ち込んだ可能性がある」とツイッターに投稿し話題になりました。

未だ正確な発生源が不明である新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの発生源は、いまだに明らかになっていません。中国の国家衛生委員会は、先月18日に会見を開き「感染は中国で発生した。しかし中国の武漢が感染源だとする証拠は無い」との姿勢を示しています。 また中国科学院は2月、感染源とされる武漢の市場で検出されたウイルスを分析した結果、他のエリアから流入したことが判明したとの論文を公表しています。 世界的な関心事でありながら、ウイルスの発生源を特定するまでには至っていないというのが実情です。