電通事件とは?

「電通事件」について耳にしたことがある、もしくは記憶に新しいという人は多いでしょう。直接関わりがなかったとしても、自分のことのように感じたという人も少なくはなかったであろう事件です。 この記事では「電通事件」がどのようなものであったのかを詳しく解説していきます。

【関連記事】三菱リコール隠しの全貌とは?

電通事件とは1991年に起きた電通社員の過労による自殺事件

「電通事件」とは1991年に起きた電通社員の過労による自殺事件を指します。 「電通事件」と聞くと、電通にまつわるスキャンダルか何かかと思うかもしれませんが、この事件は電通に所属している社員の過労死事件を指しているのです。 電通は過労死によって社員を失ってしまったことが記憶に新しいですが、実は1991年にも過労死で貴重な人材を失っているのです。この「電通事件」によって、世間の目が過労死という概念に目を向けるようになったと言えます。

2015年にも電通社員の過労による自殺事件が起こる

1991年の「電通事件」を受けても、電通の過労死に対する態度に改善は見られなかったのか、2015年にも再び電通社員の過労を原因とした自殺事件が起こりました。 この事件は大きく報道されたため、未だ鮮明に記憶に残っているという人も多いでしょう。電通の残業体制に疑問を抱いたという人や、自分の会社の残業の多さや過労死ラインについて改めて考える機会になった、という人も少なくないほど、世間に衝撃を与えた大きな事件です。

1991年の電通事件の概要

ここでは、始まりとなる「電通事件」とはどのようなものだったのかについて紹介していきます。 1991年ともなると、覚えている人も少なくなってしまっているかもしれませんが、「電通事件」が全ての始まりであったことを忘れてはいけません。今一度原点に立ち返って、どのような事件だったのかを振り返ってみましょう。