新型コロナウイルスによる株価暴落の前に株を売却

3月22日現在も暴落中のニューヨーク証券取引所の株価ですが、疑惑の議員2人はまだ株価が安定していた2月から売却を始めていました。売却のみで、新規購入は行っていないとのことです。 機密事項や重要情報を得られる立場であることから、コロナウイルスの影響が反映される前に実施した不自然な売り抜けに批判が集まっています。また、倫理的観点からも疑問の声が上がっています。

事前に新型コロナウイルスの情報を知っていた議員

疑われているのはリチャード・バー議員とケリー・ロフラー議員の2人です。両者とも機密事項へのアクセス権をもち、連日各情報機関から新型コロナウイルスに関する最新情報を得ています。 さらに今回は、上院議員向けの新型コロナウイルス流行に関する非公開の説明を受けた後に、株式を売却していました。両者ともインサイダー取引の旨は否定しています。

コロナショックで株価が暴落しているアメリカ市場

新型コロナウイルスによる経済ショックで、アメリカ市場は3月22現在も株価暴落に歯止めがかからない状態です。 実際に株価も2万ドルを割り込んでいます。コロナ感染者および死者は増え続け、危機的な状況が続いています。一体市場はどうなっているのでしょうか。